Reuters logo
欧州車、試験場と路上走行でCO2排出量に40%の差=環境団体
September 28, 2015 / 10:18 AM / 2 years ago

欧州車、試験場と路上走行でCO2排出量に40%の差=環境団体

[ブリュッセル 28日 ロイター] - 欧州の環境団体トランスポート&エンバイロメント(T&E)は28日、欧州メーカーの新車について、路上走行で排出する二酸化炭素(CO2)が試験場のデータを平均で約40%上回っているとの調査結果を明らかにした。

業界では、独フォルクスワーゲン(VW) の排ガス規制逃れが問題になっているが、報告書は規制逃れはVWだけではないと指摘。VW以外のメーカーが違法ソフトウエアを利用した証拠はないが、試験場と路上走行の二酸化炭素・窒素酸化物のデータが大きく異なるため、追加調査が必要だとしている。

調査によると、メルセデス 、BMW 、プジョー など欧州メーカーの一部の新車は、燃料使用量がメーカーの主張より50%前後多い。

燃料使用量と二酸化炭素の発生量の間には関係があり、燃料使用量が増えると二酸化炭素の排出量も増えるという。

T&Eは欧州委員会と緊密に連携して調査を進めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below