April 15, 2019 / 6:00 PM / 10 days ago

VWのウィンターコルン元CEO起訴、独検察が排ガス不正巡り

[フランクフルト/ベルリン 15日 ロイター] - ドイツ検察当局は15日、自動車大手フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)のディーゼル車排ガス不正試験を巡り、マルティン・ウィンターコルン元最高経営責任者(CEO)を詐欺罪で起訴した。

ウィンターコルン氏は昨年5月、米国でも起訴されている。

独ブラウンシュワイクの検察局は声明で、ウィンターコルン氏と幹部4人を起訴したと発表。幹部の名前は明らかにしていないが、ディース現CEOは、自身が起訴対象となっていないと述べた。

VWは2015年9月、不正ソフトを利用して米国での排ガス規制を逃れたことを認めた。

この問題を巡り、米証券取引委員会(SEC)は先月、排ガス規制逃れを認識しながら証券を発行し、米国の投資家を欺いたとしてウィンターコルン氏を告発した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below