for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独VWの主力ブランド、今年の納車と利益が増加へ

ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は17日、主力ブランド「VW」の「加速」戦略が成果を上げ始めたとし、今年の納車台数と利益が前年比で増加するとの見通しを明らかにした。2019年撮影。(2021年 ロイター/Aly Song)

[17日 ロイター] - ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は17日、主力ブランド「VW」の「加速」戦略が成果を上げ始めたとし、今年の納車台数と利益が前年比で増加するとの見通しを明らかにした。

今年の電気自動車の納車台数は45万台を超え、前年の2倍以上に増加する見通し。

同社は今月発表した「加速」戦略の中で、同社の欧州の自動車販売に完全電気自動車が占める比率を2030年までに70%以上にするとの目標を示した。これまでの目標は35%だった。

VWブランドは、2025年までに電動化とデジタル化に160億ユーロ(190億ドル)を投資することを目指す。

投資の費用を賄うため、固定費を2023年までに5%減らすほか、人員を2021年1月の水準に凍結する。工場の生産性を年間5%上げ、原材料費を7%減らす。

新戦略により、今後数年で数億ユーロの売り上げを実現できるとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up