July 25, 2019 / 7:23 AM / 23 days ago

独VW、第2四半期営業利益は約30%増 SUV強化が奏功

[フランクフルト 25日 ロイター] - ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)グループ(VOWG_p.DE)は、第2・四半期の営業利益が29.9%増の51億3000万ユーロ(57億1000万ドル)となったと発表した。

自動車販売は1.8%減少したものの、VWブランドが利益率のより高いスポーツ用多目的車(SUV)を多く投入し、またポルシェとシュコダの販売が増加した。

また前年同期に計上したディーゼル関連の費用がなかったことも、営業利益の増加につながった。

VWは、2019年の納車台数が前年の水準を上回り、乗用車部門と商用車部門の売上高の伸び率が少なくとも5%になるとの見通しを改めて示した。

乗用車の売上高営業利益率は引き続き6.5─7.5%を見込むとした。

上半期の売上高営業利益率は7.2%で、前年同期の6.8%から上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below