for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独VW、上半期は営業赤字 コロナの影響で出荷台数27%減

7月30日、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が発表した上半期(1─6月)決算は、営業赤字を計上した。写真はフォルクスワーゲンのロゴ。仏パリで9日撮影(2020年 ロイター/Christian Hartmann)

[フランクフルト 30日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)VOWG_p.DEが30日発表した上半期(1─6月)決算は、営業赤字を計上した。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、出荷台数が27%減少した。VWは配当について、当初案より引き下げると明らかにした。

VWは、通年の売上高は2019年の水準から大幅に減少すると予想した。ただ、ロックダウン(都市封鎖)の緩和に伴い、世界の売上高は徐々に回復しているとも指摘した。

上半期の調整後の営業損益は8億ユーロ(約9億4000万ドル)の赤字。前年同期は100億ユーロの黒字だった。

VWは通年の営業損益について、特別項目計上前・計上後ともに黒字は確保するものの、2019年をかなり下回るとの見通しを示した。

2019年の配当は、普通株1株当たり4.80ユーロ、優先株1株当たり4.86ユーロとした。従来はそれぞれ6.50ユーロ、6.56ユーロを提案していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up