for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独VW、上期のEV納車台数が3倍近く増加

 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は7月20日、2021年上半期のバッテリー電気自動車(BEV)納車台数が前年同期の3倍近くに増えたと明らかにした。6月、ドレスデンの同社工場近くで撮影(2021年 ロイター/Matthias Rietsche)

[フランクフルト 20日 ロイター] - ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は20日、2021年上半期のバッテリー電気自動車(BEV)納車台数が前年同期の3倍近くに増えたと明らかにした。欧州の販売がけん引した。

納車台数は17万0939台に上った。

VWのグループ営業責任者のクリスティアン・ダールハイム氏は「当社の世界的な電動化攻勢は順調な進展を続けており、顧客からの需要は強い」と説明。

その上で、今年通年でBEVとプラグインハイブリッド車(PHEV)を合わせて約100万台出荷する計画だと述べた。

上半期の中国でのBEV納車台数は1万8285台と、前年同期の2倍超になった。グループ全体の10.7%を占めた。

ダールハイム氏は、新型EVの「ID」シリーズの拡充により中国での第3・四半期のBEV納車台数は大幅に押し上げられると予想した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up