October 7, 2015 / 7:33 PM / 4 years ago

フォルクスワーゲンがリコール計画提出、ドイツ当局数日かけて精査

[ベルリン 7日 ロイター] - 排ガス試験の不正問題で揺れるフォルクスワーゲン(VW)は、ドイツ当局にリコール(回収・無償修理)計画を提出した。ドブリント運輸相は7日、今後2━3日かけて計画を精査し、追加要求の要否を判断する考えを記者団に示した。

ドブリント氏によると、VWは計画でリコール対象について、排ガス規制ユーロ5に基づくディーゼルエンジン(2.0、1.6、1.2リットル)と説明。すべてのエンジンでソフトウエアの更新が必要で、来年初めから行う。1.6リットル型はほかに、ハードウエアの調整も必要となる可能性があり、実施は来年9月以降となる見通しという。

ドブリント氏は、当局調査官とVW間の協議を13日に行う予定も示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below