December 20, 2019 / 1:11 AM / a month ago

ドーピング=ロシアが4年の主要大会参加禁止処分に異議申し立て

[モスクワ 19日 ロイター] - ロシアのタス通信は19日、世界反ドーピング機関(WADA)が同国を五輪などの主要大会から4年間除外するとした処分に対し、同国反ドーピング機関(RUSADA)はスポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議申し立てすると報じた。

WADAは12月初旬、ロシアのドーピング不正に絡むデータ改ざん問題により処分を下した。

これを受け、ロシアのプーチン大統領はWADAの処分について「正当化できない」とコメント。西側諸国によるロシアへの攻撃だとして上訴する考えを示した。また、タス通信によると、RUSADAの関係者は10日から15日以内に異議申し立てすると話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below