August 5, 2019 / 11:38 PM / 4 months ago

6月実質賃金は前年比0.5%減、物価高止まり響く=毎月勤労統計

 8月6日、厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、6月の実質賃金は0.5%減少と、前年同月を6カ月連続で下回った。写真は会議施設内を歩く会社員。2013年7月東京で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 6日 ロイター] - 厚生労働省が6日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、6月の実質賃金は0.5%減少と、前年同月を6カ月連続で下回った。消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)の高止まりが響いた。

ただ、名目賃金に当たる現金給与総額は45万1918円で前年同月を0.4%上回った。賞与月に当たり、「特別に支払われた給与」が18万5829円と、前年同月を0.9%上回ったことが寄与した。

賃金動向については厚労省は、「基調として緩やかに増加している」(賃金福祉統計室)との見方を維持した。

所定内給与は前年比0.1%増の24万6354円だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below