February 19, 2019 / 1:17 PM / 3 months ago

米ウォルマート、11─1月も米既存店売上高が予想上回る 株価上昇

[ワシントン 19日 ロイター] - 米小売大手ウォルマートの第4・四半期(2018年11月─19年1月)決算は、既存店売上高がアナリスト予想を上回った。経済好調で個人消費が活発でEコマース(電子商取引)販売が増加した。ウォルマート株は寄り付き前の取引で4%近く上昇している。

米既存店売上高(燃料を除く)は4.2%増加。リフィニティブのIBESデータによるアナリスト予想の2.96%増を上回った。

調整後1株利益は1.41ドルで、アナリスト予想の1.33ドルを上回った。

ネット売上高は、第3・四半期と同じく43%の増加。生鮮品のピックアップ・デリバリーサービスの拡充や品揃えを充実させたことが寄与した。

2020年度通期1株利益の伸び率について前年比1ケタ前半の減少との予想を維持したが、インドのEコマース会社フリップカート買収の影響を除外したベースでは1ケタ前半─半ばの増加を予想した。

ウォルマートの米既存店売上高は18四半期、4年以上にわたり増加基調を保っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below