for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ウォルマート、8─10月期予想上回る オンライン販売好調

[17日 ロイター] - 米小売大手ウォルマートWMT.Nが17日発表した第3・四半期(8─10月)決算は、オンライン販売が79%増加したことで、利益のほか、既存店売上高の伸びが予想を上回った。

米小売大手ウォルマートが17日発表した第3・四半期(8─10月)決算は、オンライン販売が79%増加したことで、利益のほか、既存店売上高の伸びが予想を上回った。カリフォルニア州ローズミードで6月撮影(2020年 ロイター/Mario Anzuoni)

同社は年末のクリスマス商戦について、楽観的な見通しを示した。株価は0.2%高。

ウォルマートは電子商取引への投資を拡大しており、9月には年額98ドルの有料会員サービス「ウォルマート+(プラス)」の立ち上げを発表。ネット通販大手アマゾン・ドットコムAMZN.Oの「プライム」サービスに対抗する構えだ。

マクミロン最高経営責任者(CEO)はアナリスト向け電話会議で「今年の年末商戦はユニークなものになる」と指摘。「家族の集いが小じんまりしていても、飾り付けをしたり、お祝いをしたり、食べ物やプレゼントを楽しまない訳はない」と述べた。

ビッグス最高財務責任者(CFO)はロイターに対し、年末商戦を前倒しすることで「顧客はブラックフライデーのような混雑を避けて来店できる」とした。

国内の既存店売上高(燃料除く)は6.4%増。伸びはリフィニティブがまとめたアナリスト予想の4.16%を上回った。

営業利益は22.5%増の57億9000万ドル。調整後の1株当たり利益は1.34ドルと、予想の1.18ドルを上回った。

総売上高は5.2%増の1347億1000万ドルと、予想の1322億3000万ドルを上回った。

新型コロナウイルス感染拡大への対応費用は6億ドルと、前四半期の約15億ドルから減少した。これには従業員へのボーナス支払いや店舗の消毒などの費用が含まれる。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up