May 9, 2018 / 2:08 AM / 16 days ago

ウォルマートが生鮮品宅配でウーバー、リフトとの提携解消

[8日 ロイター] - 米小売り最大手ウォルマート・ストアーズ(WMT.N)は、生鮮品宅配事業における米配車サービス大手ウーバー、リフト両社との提携を解消した。2人の関係者が明らかにした後、ウォルマートとウーバーが事実だと認めた。

 5月8日、米小売り最大手ウォルマート・ストアーズは、生鮮品宅配事業における米配車サービス大手ウーバー、リフト両社との提携を解消した。写真は2016年11月、シカゴの同社店舗にて(2018年 ロイター/Kamil Krzaczynski)

ウォルマートは2016年6月、顧客がネットで注文した商品をウーバーの運転手が届けるサービスを展開すると表明。ウーバーとの提携解消は、アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)に対抗して生鮮品を迅速に届けることを目指したこうした取り組みに水を差す恐れがある。ウーバーとしても、スマートフォンのアプリを使って人だけでなく荷物も効率的に輸送しようという目論見が崩れた形だ。

今回の事情をよく知り、ウォルマートの仕事を請け負っているある配送業者は「人と荷物を一緒に運ぶのは信じられないほど難しい。2つのサービスは完全に異なるビジネスモデルだ」と指摘した。

ウォルマートの広報担当者は、ロイターの取材に対してウーバーおよびリフトとの提携打ち切りは確かだと発言したが、そうした決定の詳しい理由は明らかにしなかった。

この広報担当者は、ウォルマートがウーバーに委託していた4つの市場について今後別の配送業者を利用し、リフトに関してはデンバーで試験的に実施していた宅配事業を今後拡大しない方針だと説明。ウォルマートは単一の業者とだけ提携しているわけではないので、生鮮品宅配事業規模には影響しないと付け加えた。

一方、ウーバーの広報担当者はロイターに、3月にウォルマート側に生鮮品宅配をやめると通告したと語り、さらにウーバーの宅配サービス「ラッシュ」自体も6月末に完全にサービスを停止すると明らかにした。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below