September 21, 2018 / 1:37 AM / 3 months ago

ウォルマート、米関税で値上げ迫られる可能性 書簡で警告

 9月20日、米小売大手ウォルマートは2週間前に米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表に宛てた書簡で、トランプ政権が中国に対する関税を発動すれば商品を値上げする可能性があると警告していた。ロイターが書簡を確認した。写真はカリフォルニアのウォルマートの店舗。2016年4月に撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

[20日 ロイター] - 米小売大手ウォルマート(WMT.N)は2週間前に米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表に宛てた書簡で、トランプ政権が中国に対する関税を発動すれば商品を値上げする可能性があると警告していた。ロイターが20日に書簡を確認した。

トランプ米大統領は17日、2000億ドル相当の中国製品に対して10%の関税を課す対中制裁関税第3弾を24日に発動すると発表した。

ウォルマートは書簡で、関税によって食品から飲料、パーソナルケア製品まであらゆる商品の価格が影響を受けると警告した。

ウォルマートは書簡を送ったことを確認し、ロイターに対する声明で、米中が解決策を見いだすことを望むと表明した。

USTRのコメントは現時点で取れていない。

ウォルマートは書簡で「米国最大の小売業者として、また米国製品の主要な買い手として、関税が当社の事業や顧客、サプライヤー、さらには米経済全体に及ぼす影響を強く懸念している」と強調した。

関税の影響を受ける可能性がある商品としては、ガス・グリル、自転車、クリスマスの照明などを挙げた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below