for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ディズニー、アイガー氏が2年間CEO復帰 引退から1年足らず

 11月20日、 米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニーは、ボブ・アイガー前最高経営責任者(CEO、写真)が2年間CEOに復帰すると発表した。写真はロンドンで昨年12月撮影(2022年 ロイター/Hannah McKay )

[ロサンゼルス 20日 ロイター] - 米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニーは20日、ボブ・アイガー前最高経営責任者(CEO)が2年間CEOに復帰すると発表した。

2020年2月に就任したボブ・チャペックCEOと交代する。アイガー氏はディズニーのCEOを15年間務めた後も会長職にとどまったが、昨年引退していた。

チャペック氏は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を通じてディズニーの指揮を執ったものの、今月発表した第4・四半期(7─9月)決算では動画配信サービス「ディズニープラス」を含む部門の赤字が続いていることなどが示され、投資家の失望を誘った。

スーザン・アーノルド会長は声明で「取締役会は、ディズニーが業界の変革というますます複雑な時期に踏み出すにあたり、アイガー氏がこの重要な時期に当社を率いる比類ない立場にあると判断した」と述べた。

取締役会は6月、チャペック氏の契約を3年間延長することを全会一致で決定していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up