March 8, 2019 / 1:35 AM / 2 months ago

米ディズニーの「スター・ウォーズ」アトラクション、5月と8月に開業

 3月7日、ウォルト・ディズニーは、米国のディズニーランドとウォルト・ディズニー・ワールドで計画している、映画「スター・ウォーズ」をテーマとした新設セクション「ギャラクシーズ・エッジ」ついて、それぞれ5月31日と8月29日にオープンすると明らかにした。写真は2015年12月、ディズニーランド・パリで行われた「スター・ウォーズ」のイベントで撮影(2019年 ロイター/Benoit Tessier)

[ロサンゼルス 7日 ロイター] - 米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニー(DIS.N)は7日、米国のディズニーランドとウォルト・ディズニー・ワールドで計画している、映画「スター・ウォーズ」をテーマとした新設セクション「ギャラクシーズ・エッジ」ついて、それぞれ5月31日と8月29日にオープンすると明らかにした。

米カリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランドでは、オープン初日から6月23日までの間に「ギャラクシーズ・エッジ」を訪れるには、入園チケットに加えて予約が必要となる。予約方法は今後発表される。同セクションの敷地面積は14エーカー(約5万6660平方メートル)。

米フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドについては、予約の詳細については明らかにされていない。

「ギャラクシーズ・エッジ」は、銀河の片隅にあるバトゥーと呼ばれる惑星が舞台。再現された宇宙船「ミレニアム・ファルコン」の操縦室が設置され、映画の世界を楽しむことができる。2つ目のアトラクション「ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」は年内にオープンする予定だという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below