May 31, 2019 / 3:53 AM / 3 months ago

スター・ウォーズのテーマランド、米国で公開

[アナハイム(米カリフォルニア州) 29日 ロイター] - 米カリフォルニア州のディズニーランド・リゾートで29日、映画「スター・ウォーズ」をテーマにしたエリアがメディアに公開され、出演者らが姿を見せた。一般公開は31日。

この「ギャラクシーズ・エッジ」は敷地面積14エーカー(約5万7000平方メートル)と、ディズニー最大規模の拡張プロジェクト。

目玉の1つは、宇宙船「ミレニアム・ファルコン」号の操縦を体験できるアトラクションだ。この日は、ハン・ソロ船長を演じたハリソン・フォードさんと、相棒で副操縦士を務めるチューバッカが乗り込み、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルさんが「チューバッカ、ファルコン号発進だ」と命じた。

フォードさんはファルコン号の側面を叩き、4月30日に亡くなったチューバッカ役の英俳優ピーター・メイヒューさんに「この船をあなたに捧げる」と呼び掛けた。

この日はディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)、シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカス監督らも登場。同監督は「素晴らしい。20年前は夢にも思わなかった」と述べた。

8月29日には同様のエリアが、フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで公開される予定。米国外での展開について、アイガーCEOは「可能性はある」と述べた。

*カテゴリを追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below