March 3, 2020 / 1:04 AM / 4 months ago

自動運転の米ウェイモが資金調達、親会社アルファベットなどから

米アルファベット動運転車部門ウェイモは2日、親会社と外部投資家から22億5000万ドルを調達したと発表した。写真はウェイモの自動運転車。2018年3月、アリゾナ州チャンドラーで撮影(2020年 ロイター/Heather Somerville)

[2日 ロイター] - 米アルファベット(GOOGL.O)傘下の自動運転車部門ウェイモは2日、親会社と外部投資家から22億5000万ドルを調達したと発表した。

投資したのは親会社アルファベットのほか、カナダ自動車部品大手マグナ・インターナショナル(MG.TO)、米自動車ディーラー最大手オートネーション(AN.N)、カナダ年金計画投資委員会、シルバー・レイク、アンドリーセン・ホロウィッツ、ムバダラ・インベストメントの大手投資会社3社など。

ウェイモは評価額については明らかにしなかった。同社は自動運転分野で先頭に立つとみなされているが、自動運転技術を利用した事業が大規模な商業ベースに乗るのは、まだかなり先だというのがアナリストらの見方だ。

昨年9月に米投資銀行のモルガン・スタンレーは商業化には予想より時間がかかるとの理由で、ウェイモの評価額見通しを1750億ドルから1050億ドルに下方修正した。

一方、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)傘下の自動運転車部門クルーズはホンダ(7267.T)やソフトバンク・グループ(9984.T)などから70億ドル強を調達し、評価額は190億ドルと見積もられている。

また米配車大手ウーバー・テクノロジーズ(UBER.N)の同部門、アドバンスト・テクノロジーズ・グループは(ATG)はトヨタ自動車(7203.T)とデンソー(6902.T)、ソフトバンクなどから10億ドル超を調達し、評価額は72億5000万ドルとみられている。

米フォード・モーター(F.N)とドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VOWG_p.DE)が出資する米アルゴは20億ドル余りを調達し、評価額は72億5000万ドル。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below