February 9, 2018 / 5:03 AM / 15 days ago

サッカー=W杯の北米3カ国共催、50億ドルの経済効果との試算も

[8日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)2026年大会に対し、米国、カナダ、メキシコは3カ国共催を目指しているが、実現すれば50億ドル(約5440億円)の経済効果があるという研究結果が8日に発表された。

この3カ国は48カ国で争うトーナメントの誘致を目指しているが、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は、実現すれば4万人の雇用を生み出すとしている。

この調査では、継続的に行われているインフラの整備や、定期的な観光客などの経済活動をW杯から分離して試算したとしている。

2026年W杯の開催には、モロッコも立候補の意向を示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below