July 1, 2018 / 12:17 AM / 16 days ago

サッカー=フランスが激戦制す、アルゼンチン敗退

[カザニ(ロシア) 30日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は30日、各地で決勝トーナメント1回戦の試合を行い、フランスはアルゼンチンを4─3で下した。

 6月30日、サッカーのW杯ロシア大会、決勝トーナメント1回戦、フランスはアルゼンチンを4─3で下した。フランスのキリアン・エムバペ(中央)が2得点(2018年 ロイター/Michael Dalder)

フランスは前半13分、キリアン・エムバペが倒されてPKを獲得。これをアントワーヌ・グリーズマンが決めた。アルゼンチンは同41分にアンヘル・ディマリアの40メートル弾で追いつくと、後半3分にガブリエル・メルカドのゴールで逆転。

しかしこの後、フランスのベンジャミン・パバールが約20メートルのハーフボレーをたたき込み、同点に。さらにエムバペが2ゴールを奪い、フランスが4─2とリード。アディショナルタイムにセルヒオ・アグエロにゴールを決められたが、逃げ切った。

19歳のエムバペは圧倒的なスピードで終始アルゼンチンを脅かした。W杯で10代の選手が1試合2得点を記録したのは、1958年大会決勝でのペレ氏(ブラジル)以来。

アルゼンチンのリオネル・メッシは2アシストをマークしたが、勝利には届かなかった。

フランスは7月6日、準々決勝でウルグアイと対戦する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below