Reuters logo
サッカー=W杯予選敗退のイタリア、代表監督を解任
2017年11月16日 / 00:25 / 1ヶ月前

サッカー=W杯予選敗退のイタリア、代表監督を解任

[15日 ロイター] - イタリアサッカー連盟(FIGC)は15日、イタリア代表のジャンピエロ・ベントゥラ監督(69)の退任を発表した。ロイターの取材で解任と明かした。

 11月15日、イタリアサッカー連盟は、イタリア代表のジャンピエロ・ベントゥラ監督(写真)の退任を発表した。ミラノで13日撮影(2017年 ロイター/MaxRossi)

イタリアは2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会、欧州予選プレーオフで、スウェーデンを相手に2戦合計0─1で敗退。60年ぶりにW杯出場権を逃した。4回の優勝経験を持つイタリアは1930年の第1回大会には参加しなかったが、出場を逃した1958年スウェーデン大会以外、W杯には毎回出場していた。

主要タイトルを獲得したことがなく、国内の有力クラブを率いた経験もなかったベントゥラ監督は、2016年にアントニオ・コンテ前監督の後を継いで就任。当初は2年契約だったが、ことし8月に2020年まで契約を延長していた。イタリア代表での戦績は17戦10勝4分け3敗。

現地紙の多くはFIGCのカルロ・タベッキオ会長の辞任も要求しているが、声明では退任を否定。20日に今後の検討会議を招集した同会長は、「後任候補に複数の重要な監督も考えている」と明かした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below