Reuters logo
サッカー=W杯出場逃したイタリア、連盟会長が辞任
November 21, 2017 / 4:16 AM / 24 days ago

サッカー=W杯出場逃したイタリア、連盟会長が辞任

[ローマ 20日 ロイター] - ワールドカップ(W杯)出場を逃したイタリアで、サッカー連盟(FIGC)のカルロ・タベッキオ会長(74)が20日、辞任した。

 11月20日、イタリア・サッカー連盟のカルロ・タベッキオ会長(写真)が辞任した(2017年 ロイター/Max Rossi)

イタリア代表は2018年ワールドカップ・ロシア大会の欧州予選プレーオフでスウェーデンに敗退。1958年大会以来、60年ぶりに本大会への出場を逃した。

15日にはジャンピエロ・ベントゥラ監督が解任されていた。

タベッキオ氏は記者会見で、FIGC内で政治的サポートを得られなくなったことが辞任の理由であると説明。代表チームの試合結果は原因ではないと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below