May 11, 2018 / 4:57 AM / 11 days ago

エルニーニョ現象、冬までに発生の確率が50%に接近=米気象当局

[10日 ロイター] - 米気象予報センター(CPC)は10日の月報で、2018─19年の北半球の冬までにエルニーニョ現象が発生する可能性があると発表した。

前回16年に出現したエルニーニョ現象は、農作物への被害をもたらし、火災、鉄砲水なども起きた。

同現象は数年おきに発生する。

CPCは、この冬までにエルニーニョ現象が発生する確率が50%に近づいているとしている。

一方、エルニーニョ現象もラニーニャ現象も存在しないエルニーニョ・南方振動(ENSO)ニュートラル状態は、今年の9月から11月まで続く見通しという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below