for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今年のダボス会議中止、8月にシンガポールで予定 コロナ禍で

世界経済フォーラム(WEF)は17日、シンガポールで8月に開催を予定していた年次総会(ダボス会議)を中止すると発表した。写真はスイスで2020年1月撮影(2021年 ロイター/Denis Balibouse)

[チューリヒ/シンガポール 17日 ロイター] - 世界経済フォーラム(WEF)は17日、シンガポールで8月に開催を予定していた年次総会(ダボス会議)を中止すると発表した。

WEFは声明で、新型コロナウイルスワクチン接種の進展状況が一様でなく、渡航を巡る見通しが不確かなほか、新型コロナ変異株を巡る状況も不透明であることが中止の理由と説明した。

WEFは通常、年次総会をスイスのダボスで1月に開催するが、今年については新型コロナの影響で、日程や開催場所が二転三転変していた。

次回総会については、2022年上期に開催したい考えを示し、詳細な日程や開催場所は今夏の状況を精査し決定するとした。

一方、英国際戦略研究所(IISS)は、毎年シンガポールで開催するアジア安全保障会議(シャングリラ会合)を予定通り6月4─5日に開くと発表した。

ダボス会議の中止は開催計画に影響しないとし、各国閣僚や安保関係者が出席する予定だとしている。

ただ、シンガポール政府は、コロナ感染状況が変化しているため、引き続き国内外の状況を見極め調整するとしている。

シンガポールではこのところのコロナ感染者の急増を受け、行動規制が再度導入されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up