March 27, 2019 / 5:49 AM / 5 months ago

五輪=継続検討の重量挙げ、24年大会での実施に前進

[ローザンヌ(スイス) 26日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)は26日、ドーピングが相次ぎ2024年パリ五輪の実施競技から除外するかどうか継続協議となっていた重量挙げについて、反ドーピング対策を巡って合意に至れば、存続を認めるとの判断を下した。

IOCは2017年、過去10年で繰り返し発覚したドーピング問題で重量挙げや五輪のイメージが損なわれたとして反ドーピング対策の大規模な改革を求め、それまではパリ大会での競技採用を「暫定的」としていた。

IOCは26日、反ドーピング対策の進展に満足していると発表。国際検査機関(ITA)と国際重量挙げ連盟(IWF)が合意に至ることなどを条件に、「暫定的」という制限を外すとの姿勢を示した。IOC関係者はロイターに対し、数日以内に合意に達するとの見解を示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below