April 13, 2018 / 3:23 AM / 5 months ago

五輪=東京大会、ロシアなど重量挙げ出場2枠に制限へ

[ロンドン 12日 ロイター] - 重量挙げで、ロシアなどドーピング違反を繰り返した5カ国に対し、2020年東京五輪の出場枠が2枠に制限されることが、ロイターが確認した文書で明らかになった。

新たなルールでは、2008年から20年の間に20回以上の違反が発覚した国は、出場枠が男子1枠、女子1枠に制限されることが規定されており、国際重量挙げ連盟(IWF)は実質的に、該当するロシア、カザフスタン、アゼルバイジャン、アルメニア、ベラルーシの出場枠を制限することになる。

同期間に10回から19回までの違反があった国に対しては、男女各2枠までに制限される。ここまでのところ、ブルガリア、イラン、インドなど少なくとも9カ国が該当する。

東京五輪予選が行われる18カ月間に違反が3回発覚した場合、五輪への出場資格が剥奪される。リオデジャネイロ五輪ではロシア、ブルガリアが出場禁止の処分を受けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below