July 20, 2019 / 10:32 PM / a month ago

コラム:ウェルズ・ファーゴ、次期CEO探しの「ニンジン」は

[ニューヨーク 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)(WFC.N)の次期最高経営責任者(CEO)探しは4カ月目に突入している。法令違反問題に対応し、企業文化を根底から変えることを迫られる任務だけに、だれもが気軽に応じてくれるという話ではない。ただ16日に発表された第2・四半期決算の内容を見ると、CEOを引き受けてみようかと一時的に思案中かもしれない人たちの鼻先に、絶好の「ニンジン」がぶらさがっていることが分かる。

 7月16日、米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)の次期最高経営責任者(CEO)探しは4カ月目に突入している。写真はニューヨークで2017年1月撮影(2019年 ロイター/Stephanie Keith)

Wファーゴは、顧客に無断で多数の架空口座を開設した問題で米連邦準備理事会(FRB)から資産拡大を禁止されている立場として考えれば、かなり健闘している。第2・四半期の株主資本利益率(ROE)は年率13.3%とそれなりに良い数字だった。異例の低い税率やローン債権売却といった一時的要因がプラスに働いたのは確かだ。一時的要因がなければ、ありふれた11.4%になっていただろう。

だが他の大手行も特殊要因が追い風になった点では同じだった。JPモルガン(JPM.N)の場合、ROEは16%に達したものの、特殊要因を除けば14%強まで下がってしまう。

それでもJPモルガンは、Wファーゴがこれから進むべき道を示してくれている。JPモルガンの経費率は57%弱で、これはWファーゴが2016年の不祥事発覚前に常に達成していたレベルだ。暫定CEOを務めるアレン・パーカー氏の下で、Wファーゴはコスト圧縮に乗り出したが、今もなお経費率は62%強となっている。両行は比較されるのにふさわしい。というのもWファーゴの次期CEO候補には、JPモルガン消費者金融部門のマリアンネ・レイク最高責任者や、ゴードン・スミス共同社長が含まれているからだ。

やはり候補に浮上しているパーカー氏を含め、だれが正式なCEOに就任したとしても、Wファーゴの業績改善余地がどの程度あるかが重要なポイントの1つになる。もしWファーゴがJPモルガン並みに経費率を抑えられた場合、直近の数字に基づくと四半期利益は40億ドル上積みされるだろう。そうなると他の条件が等しければ、ROEもJPモルガンの水準に達する。株価純資産倍率(PBR)で考えれば約3割高くなる計算で、そんな劇的な展開を他の銘柄が同じように実現するのは困難だ。

●背景となるニュース

・ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)が16日発表した第2・四半期利益は62億ドル、1株当たり1.30ドルとなった。リフィニティブがまとめたアナリスト予想は1.15ドル。収入は216億ドルで、前期および前年同期とほぼ同じ。株主資本利益率(ROE)は年率13.3%だった。

・第2・四半期は、金利減免ローン債権19億ドル相当の売却で7億2100万ドルの利益を得た。実効税率は17%強、経費率は前期の64.4%から62.3%に下がった。

・JPモルガンが16日発表した第2・四半期純利益は96億ドル、1株当たり2.82ドルで、リフィニティブがまとめたセルサイドのアナリスト予想は2.50ドルだった。収入は296億ドルで、アナリスト予想の289億ドルを超えた。年率ROEは16%。

・JPモルガンの利益には、税監査問題の決着に伴う差し引き7億6800万ドルのプラスが含まれていた。また金額は明らかにしなかったが、トレードウェブ・マーケッツの持ち分売却による利益も計上した。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below