for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米Wファーゴ、人材の多様化方針中断 「虚偽の採用面接」と報道

[6日 ロイター] - 米金融大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)は、多様な人材を採用するとの会社方針に沿った採用面接は見せかけだけのケースがほとんどで、内定者が決まっていたのに行われたと報じられたことを受け、この方針を中断した。

チャールズ・シャーフ最高経営責任者(CEO)は従業員宛てのメモで人材多様化の指針を見直すと表明した。ロイターがメモを確認した。

米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は先月、同社の元職員が既に内定者が決まっている採用枠について、人材多様化の要件を満たすためだけに他の人も面接するよう上司に強いられたと漏らしたと報じた。

シャーフ氏は人材多様化プログラムを検証後に必要な修正を加え、7月に再開すると述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up