October 11, 2019 / 1:51 AM / 6 days ago

米ウェルズ・ファーゴが人員増強、住宅ローン借り換え申請が急増

 10月10日、米銀大手ウェルズ・ファーゴは住宅ローン申請を処理する部門の人員を増強する。写真は金融関連イベントに出展したウェルズ・ファーゴ。2017年10月19日、カナダのトロントで撮影(2019年 ロイター/Chris Helgren)

[10日 ロイター] - 米銀大手ウェルズ・ファーゴ(WFC.N)は住宅ローン申請を処理する部門の人員を増強する。金利低下による住宅ローンの借り換え急増に備える。ロイターがウェルズ・ファーゴの社内メモの内容を確認した。

同部門は昨年1000人前後の人員を削減したが、戦略を転換。採用の多くはアイオワ州デモインやミネソタ州ミネアポリスで行う。こうした都市では昨年、多くの人員削減に踏み切ったばかり。人員増の規模は不明だ。

米抵当銀行協会(MBA)が9日発表したデータによると、住宅ローン申請の大部分を占める借り換え申請は1年前に比べて2倍以上に増加、新規購入向けローンは10%増えている。

米連邦準備理事会(FRB)は10月末に今年3度目となる利下げが見込まれており、住宅金利がさらに下がることで住宅ローン関連事業は一段と盛り上がる可能性がある。

銀行関係者によると、昨年住宅ローン部門の人員を減らした他の大手行もウェルズ・ファーゴに追随し、人員を増やす公算が大きい。住宅ローン業界全体で人員を減らしたため、一部の銀行はローン組成需要の高まりへの対応が難しくなっているという。

金融サービス業界は収入が変動しやすく、これに応じて大量の人員を調整する傾向があるが、ローン申請処理部門は業務の自動化が進んでおり、基本的には最近の業務縮小の流れは今後も変わらないとアナリストはみている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below