Reuters logo
サッカー=ベンゲル監督、「UEFAがドーピング許容」と批判
2015年11月25日 / 05:37 / 2年後

サッカー=ベンゲル監督、「UEFAがドーピング許容」と批判

[ロンドン 24日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、敗れた欧州チャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・ザグレブ(クロアチア)戦で、試合後に相手選手の1人からドーピング陽性反応が出たにもかかわらず、試合結果が変わらなかったことについて「ドーピングを受け入れた」と欧州サッカー連盟(UEFA)を批判した。

 11月24日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、敗れた欧州CLのディナモ・ザグレブ戦で、試合後に相手選手の1人からドーピング陽性反応が出たにもかかわらず、結果が変わらなかったことについて「ドーピングを受け入れた」とUEFAを批判した。10月撮影(2015年 ロイター)

アーセナルは9月のザグレブ戦に1─2で敗戦。ドーピング陽性反応を示した選手は4年間の出場停止処分を受け、アーセナルは抗議を行っているが、現行のルールではドーピングが1人なら試合の結果は変わらない。

ベンゲル監督は「相手がドーピングしても結果はそのままというのは、基本的にドーピングを受け入れるということ」と主張。3人の選手しか検査されないことも考慮すれば、理にかなっていないとも語った。

ベンゲル監督は先週もドーピング検査を厳しくするべきとの見解を示していた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below