for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=ベンゲル氏、古巣のエジル構想外は「創造性の浪費」

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナルの元指揮官であるアーセン・ベンゲル氏は、同クラブでMFメスト・エジル(写真)が構想外になっていることは、チームにとって「創造性の浪費」であると語った。英サウサンプトンで6月代表撮影(2020年 ロイター)

[13日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナルの元指揮官であるアーセン・ベンゲル氏は、同クラブでMFメスト・エジル(31)が構想外になっていることは、チームにとって「創造性の浪費」であると語った。

エジルは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によるシーズン中断前まではミケル・アルテタ監督の下、リーグ戦で全試合に出場していたが、ことし6月の再開以降はプレーしていない。同選手は2021年の契約満了までクラブに残ることを公言しているものの、今季の欧州リーグ(EL)1次リーグのメンバーから外れるなどしている。

ベンゲル氏は英BBCに対し、「彼は自身の才能を最も発揮できる時期にいる。ファイナルサード(ピッチを3分割して敵陣ゴールに最も近いエリア)で決定的なパスを生み出すことのできる素晴らしい創造力と才能を持っている選手なので、クラブにとっても浪費だ」とコメント。「ここまでアシストで記録を残してきている選手。だから、クラブは彼を再び関与させる方法を見つけなければならない」と続けた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up