July 9, 2018 / 3:18 AM / 9 days ago

大雨被害で政府調査団派遣、被災者支援チームも設置=官房長官

[東京 9日 ロイター] - 菅義偉官房長官は9日午前の会見で、豪雨による被害の全体状況を把握するため、小此木八郎・防災担当相を団長とした調査団を広島県と岡山県に派遣し、被災地のニーズを直接把握すると述べた。杉田和博官房副長官を長とする被災者支援チームを設置し、仮設住宅確保など積極的に進める。

今朝の第2回「豪雨非常災害対策本部会議」を開催し、首相からは全力で人命救助にあたり、被災者の生活支援に積極的に取り組むよう指示があったと述べた。本日から避難所に食料支援を開始し、自衛隊が供給支援を広範囲で実施しているとした。

また首相の現地派遣については現時点で決まっておらず、調査団の結果報告も踏まえて、適切に対応したいとした。

政府がこれまでに把握している被災者状況として、死者87人、心肺停止13人、行方不明者15人、安否不明の通報が154件などと明らかにした。これに対して、人命救助を第一に、警察・消防、海上保安庁が合計7万3000人、ヘリ7機で対応しているとした。

中川泉 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below