November 25, 2019 / 8:53 AM / 16 days ago

マネロン問題に揺れる豪ウエストパック銀、閣僚が相次ぎ批判

 11月25日、オーストラリアのダットン内相は、マネーロンダリング(資金洗浄)防止法違反が指摘されている豪銀大手ウエストパック銀行について、小児性愛者に資金が流れるのを許したなどと批判、同行はその代償を支払うことになると強調した。写真はシドニーで2016年4月撮影(2019年 ロイター/Jason Reed)

[25日 ロイター] - オーストラリアのダットン内相は25日、マネーロンダリング(資金洗浄)防止法違反が指摘されている豪銀大手ウエストパック銀行(WBC.AX)について、小児性愛者に資金が流れるのを許したなどと批判、同行はその代償を支払うことになると強調した。議会で述べた。

オーストラリア金融取引報告・分析センター(AUSTRAC)は先週、マネーロンダリング防止法に関連して2300万件の違反があったとして、ウエストパック銀に対する民事制裁金の支払い命令を求めて連邦裁判所に提訴したと発表した。違反があったとされる取引には、児童搾取グループの間の資金のやり取りが含まれていたという。

ウエストパック銀を巡っては、モリソン首相も、同行取締役会に最高経営責任者(CEO)の進退を検討するよう求めたほか、ポーター司法長官は「とんでもない」違反行為だとして厳しく批判した。

ダットン内相は「ウエストパック銀の経営陣が怠慢によって、小児性愛者にフリーパスを与えたことは明らか。その代償は支払われるだろう」と表明。豪政府にとって「オーストラリアの子供たちの安全確保よりも重要なことはない。ウエストパック銀がその義務を怠ったことは明白だ」と断じた。

問題発覚以来、ウエストパック銀は時価総額にして75億豪ドル(約50億米ドル)を失った。同行はこれまでのところ、政治家や投資家から上がっている経営陣の退陣要求には応じていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below