for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ウィーワーク、新CEOにマサラニ氏 不動産業界のベテラン

 2月1日、ソフトバンクが出資する米シェアオフィス大手ウィーワークは、不動産業界での経験が豊富なサンディープ・マサラニ氏を最高経営責任者(CEO)に迎えると発表した。2019年9月、米サンフランシスコで撮影(2020年 ロイター/Kate Munsch)

[1日 ロイター] - ソフトバンク9984.Tが出資する米シェアオフィス大手ウィーワークは1日、不動産業界での経験が豊富なサンディープ・マサラニ氏を最高経営責任者(CEO)に迎えると発表した。2月18日付で就任する。

マサラニ氏は、ブルックフィールド・プロパティーズのリテール部門の前CEO。その前にはボルネード・リアルティ・トラストなど複数の不動産会社で幹部を務めており、不動産業界のベテランとされる。

現在の共同CEOのセバスチャン・ガニンハム氏とアーティ・ミンソン氏は、少なくともマサラニ氏への引き継ぎの期間中は同社にとどまるという。

ウィーワークでは、経営方針などを批判された共同創業者のアダム・ニューマン氏が昨年9月にCEOを辞任、ガニンハム氏らが暫定的なCEOに就いた。

ウィーワークは昨年、新規株式公開(IPO)計画を撤回。同社の評価額は、かつての470億ドルから80億ドル弱に急減した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up