November 8, 2019 / 9:50 PM / in 5 days

ウィーワーク株主、前CEOや孫氏ら訴え 上場撤回や価値急落で

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 共用オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーが上場計画を撤回し、企業価値が急落したことは株主への信義則に違反するとして、少数株主の元社員が同社のニューマン前最高経営責任者(CEO)やソフトバンクグループの孫正義社長らを相手取り訴えを起こした。

ウィーカンパニーは9月末、新規株式公開(IPO)目論見書の取り消しを申請、上場計画を撤回した。長期リースで確保したオフィススペースを短期的に貸し出すビジネスモデルを展開してきたが、その収益性を巡り投資家の懸念が高まった。

10月には大株主のソフトバンクが新たに50億ドルを支援するほか、30億ドルを上限としてウィーワーク株の公開買い付けを行うと表明。ウィーワークへのソフトバンクの出資比率は80%に高まった。

ウィーワークの広報担当者は「訴えには法的根拠がない」と述べた。原告側の弁護士からコメントは得られていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below