January 7, 2019 / 11:24 PM / 13 days ago

ソフトバンク、米ウィーワークに20億ドル追加出資へ=関係筋

1月7日、ソフトバンクグループは今年、米シェアオフィス運営会社ウィーワークに20億ドルを追加出資する。東京で2013年12月撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[7日 ロイター] - ソフトバンクグループ(9984.T)は今年、米シェアオフィス運営会社ウィーワークに20億ドルを追加出資する。これにより、出資総額は約104億ドルとなる。関係筋2人が明らかにした。

関係筋の1人によると、ソフトバンクによる追加出資でウィーワークの企業価値は470億ドルとなる。また、ソフトバンクはこれと別に既に購入済みのワラントを株式に転換する予定という。

もう1人の関係筋によると、追加出資は早ければ8日にも発表される可能性がある。追加出資分にソフトバンクのビジョン・ファンドからの資金は含まれないという。

ビジョン・ファンド最大の投資家であるサウジアラビアは、ソフトバンクによるウィーワークへの初期投資の主な後ろ盾となっていた。同国は米配車大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]など他のテクノロジー企業の株式も保有している。

ウィーワークを巡っては、過大評価されており、不動産市場悪化の影響を受けやすいとして一部の投資家が慎重な見方を示しているが、ソフトバンクは同社への投資の利点について強気な姿勢を示している。

ウィーワークは昨年8月に転換社債を通じてソフトバンクから10億ドルを確保。11月には30億ドルのワラントを通じて同社から追加出資を受けた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below