September 24, 2019 / 7:19 PM / in 24 days

ウィーワークCEO辞任、IPO控え収益性や企業統治に疑念

[24日 ロイター] - 共用オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーの共同創業者、アダム・ニューマン氏は24日、最高経営責任者(CEO)からの退任に合意した。

ウィーカンパニーは当初、9月中の新規株式公開(IPO)を目指していたが、赤字が続く事業や企業統治に関し、新株購入を検討していた機関投資家から疑問の声が相次ぎ、前週にIPOを延期した。

関係筋によると、外部の筆頭株主であるソフトバンクグループは、ニューマン氏の辞任を求めていた。[nL3N26E0KJ]

ソフトバンクグループは、今年1月に出資した際、企業価値を470億ドルと発表していたが、現在では100億ドル程度との指摘もある。

ニューマン氏は声明で「ここ数週間で私に向けられた詮索が大きな障害となっており、CEOからの退任が会社にとって最大の利益につながる」と説明した。

関係筋によると、ニューマン氏は議決権を過半数を下回る水準に引き下げることにも合意した。

ニューマン氏の後任には、アーティー・ミンソン最高財務責任者(CFO)とセバスチャン・ガニングハム副会長が共同CEOに就く。ニューマン氏は会長職にとどまる。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below