October 15, 2019 / 3:44 AM / in a month

ウィーワーク、ソフトバンク出資より銀行主導の資金調達希望=報道

 10月14日、オフィスシェアの米ウィーワークは、ソフトバンクグループによる経営権掌握につながる救済策よりも、JPモルガン・チェース主導で進められている約50億ドルの資金調達パッケージのほうが望ましいと考えている。写真はニューヨークで4日撮影(2019年 ロイター/Carlo Allegri)

[14日 ロイター] - シェアオフィス運営の米ウィーワークは、ソフトバンクグループ(9984.T)による経営権掌握につながる救済策よりも、JPモルガン・チェース(JPM.N)主導で進められている約50億ドルの資金調達パッケージのほうが望ましいと考えている。ブルームバーグが14日、事情に詳しい複数の関係筋の話として報じた。

ブルームバーグによると、JPモルガン主導で進めているパッケージには、少なくとも20億ドルの無担保社債(15%クーポン付)が含まれる可能性がある。ウィーワークは、民間の大株主の保有率が低下しないことを理由に資金調達パッケージの方がソフトバンクGの救済策よりも望ましいと考えているという。

ロイターは今月に入り、ウィーワークとJPモルガンが、先月ウィーワークの新規株式公開(IPO)延期が決まって以降、資金調達に向けて協議を進めていたと報道。

さらに13日には、事情に詳しい筋の話として、ソフトバンクGが、ウィーカンパニーの経営権掌握につながる出資策をまとめた、と伝えていた。[nL3N26Z159]

ソフトバンクとウィーワークは、ブルームバーグの報道についてコメントを差し控えた。JPモルガンはロイターのコメント要請に応じていない。

英紙ガーディアンは15日、ウィーワークが早ければ今週中にも、少なくとも2000人を削減する見通しと伝えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below