for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ウィーワークが上場検討、SPACとの合併通じ

共有オフィスを手掛ける米ウィーワークが特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じた上場を検討していると関係者が明らかにした。ロンドンで昨年7月撮影(2021年 ロイター/SIMON NEWMAN)

[28日 ロイター] - 共有オフィスを手掛ける米ウィーワークが、特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じた上場を検討していることが分かった。関係者が明らかにした。個人投資家からの資金調達も模索しているという。

ウィーワークは新規株式公開(IPO)による上場を目指していたが、ビジネスモデルや創業者アダム・ニューマン氏の経営手法などに懸念が強まり、2019年秋に計画を取り下げた。

関係者によると、ウィーワークは過去2カ月間で少なくとも3社のSPACと協議。ただ、白紙に戻る可能性もあるという。

ウィーワークのマルセロ・クラウレ会長はブルームバーグの会合で「SPACから毎週接触がある」と述べた。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)はこれより先、ウィーワークがボウ・キャピタル・マネジメントと関連するSPACと協議していると報じた。ウィーワークの評価額は約100億ドルとしている。

ウィーワークの広報担当者は、同社がSPACとの合併を含む様々な選択肢を検討していると述べた。

また「ウィーワークはこの1年、黒字達成に向けた計画実行に集中してきた。当社の著しい前進に加え、柔軟な(オフィス)空間への需要の高まりは、当社事業にとって前向きな兆候だ」とコメント。その上で「目標に近づく一助となる機会を引き続き模索する」とした。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up