November 20, 2018 / 12:30 AM / 23 days ago

米民主党議員3人、司法長官代理指名巡り提訴 「違憲」と主張

 11月19日、米民主党上院議員3人は、トランプ大統領がウィテカー氏を司法長官代理に指名した人事は上院の承認を経ていないため違憲だとして、差し止め命令を求めてワシントンの連邦裁判所に提訴した。写真はモラー特別検察官の捜査を支持しホワイトハウス前で抗議する人たち。8日にワシントンで撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 19日 ロイター] - 米民主党上院議員3人は19日、トランプ大統領がウィテカー氏を司法長官代理に指名した人事は上院の承認を経ていないため違憲だとして、差し止め命令を求めてワシントンの連邦裁判所に提訴した。

3人はブルーメンソル、ホワイトハウス、ヒロノ各議員で、全員が司法長官人事の審議を通常は任されている上院司法委員会のメンバー。

議会民主党は、トランプ氏に忠誠心を持つウィテカー氏が、2016年大統領選へのロシア介入疑惑を捜査するモラー特別検察官の権限縮小あるいは解任に動く可能性があるとして懸念を示している。ウィテカー氏は過去に、ロシア疑惑捜査の規模を批判している。

ブルーメンソル議員は声明で「米国人は抑制と均衡(チェック・アンド・バランス)の体制を大事にしている。トランプ大統領の独裁的な人事はこれに背いている」と批判した。

ウィテカー氏の人事については、メリーランド州の司法長官も訴訟を提起している。

民主党上院議員3人の訴状によると、「首席」の役職である司法長官については、大統領が指名した上で上院で承認するとの憲法の規定があるが、ウィテカー氏は上院の承認を経ていないため、これに違反しているという。

また、司法長官ポストが空席となった場合は司法副長官が全ての権限を引き継ぐという連邦法上の継承順位の規定も違反したとしている。トランプ氏は今月7日、セッションズ司法長官を解任し、司法長官首席補佐官だったウィテカー氏を長官代理に指名。ウィテカー氏はロシア疑惑捜査の監督もローゼンスタイン副長官から引き継いだ。

民主党議員3人は、セッションズ氏の後任指名と指名承認までは、副長官として上院の承認を経ているローゼンスタイン氏が長官代理を務めるべきだと主張している。

司法省は前週、ウィテカー氏を長官代理に指名した人事は合法的との見解を示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below