for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サル痘、パンデミックにつながる公算小=WHO当局者

An electron microscopic (EM) image shows mature, oval-shaped monkeypox virus particles as well as crescents and spherical particles of immature virions, obtained from a clinical human skin sample associated with the 2003 prairie dog outbreak in this undated image obtained by Reuters on May 18, 2022. Cynthia S. Goldsmith, Russell Regnery/CDC/Handout via REUTERS THIS IMAGE HAS BEEN SUPPLIED BY A THIRD PARTY. - RC2T9U9PK7LG

[ロンドン 30日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)当局者は30日、通常は検出されない国で感染が報告されているサル痘について、「パンデミック(世界的大流行)」につながる公算は小さいという認識を示した。

5月に入り、欧州を中心に世界で300人超の感染または感染疑い例が確認されている。

WHOの天然痘対応部門の責任者、ロザムンド・ルイス氏は「現時点で、世界的なパンデミックについては懸念していない」と語った。

関係者によると、WHOはサル痘流行を潜在的な「PHEIC(国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態)」として精査すべきか検討しているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up