for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

WHO事務局長、2期目再選に意欲=医学メディア

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、2期目再選を目指し立候補する意向と、医学メディアのスタット・ニュースが3日、関係筋の情報として報じた。写真は昨年7月、ジュネーブで撮影(2021年 ロイター/Fabrice Coffrini/Pool via REUTERS/File Photo)

[3日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、2期目再選を目指し立候補する意向と、医学メディアのスタット・ニュースが3日、関係筋の情報として報じた。

WHO報道官はコメントを控えている。採決は来年で、WHO加盟各国は今年9月までに候補者を推薦することができる。

テドロス氏はエチオピア出身で、2017年(任期5年)にアフリカ出身者としては初のWHO事務局長に就任した。

新型コロナウイルス対応では、20年1月、国際的な公衆衛生上の緊急事態を宣言する直前に中国・北京を訪問し、協力や情報共有を求め、習平近・国家主席と会談した。

トランプ前米大統領は、新型コロナ感染拡大を巡り、WHOが「中国中心主義」で、世界に不適切な提言を行っていると批判。その後、WHOへの拠出金を停止した経緯がある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up