April 16, 2020 / 8:00 AM / 2 months ago

コラム:米国のWHO拠出停止、ゲイツ氏ら篤志家の出番か

[ロンドン 15日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 多国間の枠組みや国際機関を蔑視するトランプ米大統領の性癖が新たな、そして危険な局面に入った。地球規模で未曽有の感染症被害が広がる中にありながら、トランプ氏は世界保健機関(WHO)への資金拠出停止を発表。人類の生命を危険にさらし、信頼できるパートナーとしての米政府のイメージもごみ箱に捨てた。

4月15日、多国間の枠組みや国際機関を蔑視するトランプ米大統領の性癖が新たな、そして危険な局面に入った。写真はビル・ゲイツ氏。北京で2019年11月撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)

今こそ、これまでもWHOへの大口出資者だったビル・ゲイツ氏とマイケル・ブルームバーグ氏のような米慈善活動家が、今回の発表がもたらす道義的な、そして金銭的な「隙間」を埋めるべき時だ。

WHOとテドロス事務局長に対するトランプ氏の怒りは、新型コロナウイルスの米国内での影響の広がりと足並みをそろえるように高まっていた。トランプ氏が拠出停止を発表し、中国寄りだとWHOを非難した14日は、米国で1日のコロナの死者が過去最多の2200人になったことが確認された日でもあった。コロナ危機の深刻さをトランプ政権自身が軽視していたことから、目をそらさせる試みであることがにおってくる。

振り返って2月24日、トランプ氏はツイッターに新型コロナは「米国では非常に制御されている」と投稿。その際は、米保健医療当局とWHOの働きぶりも賞賛していた。

今回のようなトランプ氏の言動は、WHOが受けている批判で、当たっているところもある幾つかの点をかき消してしまう。中国政府が反対するためWHOが台湾に加盟を認めていないのは大いに問題だ。その台湾は新型コロナへの対処でモデルと評されていいかもしれない地域である。

一方、WHOは、中国が厳しい封鎖措置を通じてウイルス拡散の抑止に成功したとほめたたえた。しかし、中国が流行の初期段階で警告情報を抑圧したことには一段と批判が強まっており、WHOのそうした賛辞も色あせる可能性がある。

2015年に大流行したエボラ出血熱を見ても、あらゆる大規模な健康危機には、過ちが繰り返されないようにするための厳密な事後分析が求められる。

資金拠出の停止はこうした目的に何一つ資するものではない。昨年12月時点で米国が約束していたWHO拠出金は、義務的な「分担金」と、「任意拠出金」と合わせて8億9300万ドル。これはWHO予算全体56億ドルの16%だ。これに対して中国の拠出額は8600万ドルだった。

新型コロナだけでなく、エイズやマラリア、結核などと闘うWHOのプログラムは、トランプ氏の見境のない言動によって危機に追いやられてしまう。こうした面での貢献は、米国の「ソフトパワー」の重要な源のはずだった。

米国からの拠出は、まず90日分まで、つまり2億2300万ドルが停止されることになっている。一方で、ゲイツ氏は既にこの額の2倍以上を任意拠出している。600億ドルの資産を持つとされるブルームバーグ氏のような人物も、表明済みの2400万ドル以上にもっと増額するのは簡単ではないか。とりわけ、大統領選の選挙運動には個人資産9億ドルをつぎ込んだりしているのだから。

今の米大統領には無理なことかもしれないが、どのような形であれ、WHOが直面し得る拠出金不足を埋める約束をすれば、米国の価値に対する世界からの信頼をいくらかは修復できるだろう。今回の事態は大統領選本選のある今年11月にもっと意味を持ってくる可能性もある。

●背景となるニュース

*トランプ米大統領は14日、世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルス対応を批判し、WHOへの資金拠出を停止すると発表した。

*トランプ氏はWHOが中国の「偽情報」を助長したと非難し、WHOは責任を取る必要があると述べた。国連のグテレス事務総長はトランプ氏の決定を批判し、国際社会に結束を呼び掛けた。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below