for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ノーベル平和賞受賞のユダヤ人作家、エリ・ヴィーゼル氏死去

7月3日、ナチス・ドイツの強制収容所の体験について多くの作品を残し、ノーベル平和賞を受賞したユダヤ系米国人作家のエリ・ウィーゼル氏(写真)が2日、ニューヨーク市の自宅で死去した。2006年11月撮影(2016年 ロイター/Chip East/File Photo)

[3日 ロイター] - ナチス・ドイツの強制収容所の体験について多くの作品を残し、ノーベル平和賞を受賞したユダヤ系米国人作家のエリ・ウィーゼル氏が2日、ニューヨーク市の自宅で死去した。87歳だった。

ルーマニア出身。第2次世界大戦中、家族と共にナチスドイツの強制収容所に送られた。家族は収容所で死亡。終戦後はフランスに渡り、ソルボンヌ大学で学んだ。1955年に強制収容所での体験をつづった代表作「夜」をイディッシュ語で発表。その後、世界向けに書き直して発表した。

63年に米国に帰化。平和・人権活動にも取り組み、86年にはノーベル平和賞を受賞した。ボストン大学の教授も務めた。

ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)をテーマにした小説や回顧録などなど、50冊以上の著作がある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up