for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米シーザーズ、英ウィリアム・ヒル買収を協議 29億ポンド

[28日 ロイター] - 米カジノ運営のシーザーズは28日、英ブックメーカー(賭け業者)のウィリアム・ヒルを29億ポンドで買収する方向で協議を進めていると発表した。

協議は進んだ段階にあり、急成長している米国のスポーツ賭博・オンライン事業の経営権をシーザーズが完全に取得する方針。

両社の共同声明によると、シーザーズはウィリアム・ヒル株1株当たり272ペンスを提示することを検討している。ウィリアム・ヒルも株主に買収案の受け入れを推奨する方針としている。

ただ、ウィリアム・ヒルは25日、シーザーズと米プライベートエクイティ(PE)大手アポロ・グローバル・マネジメントの双方から買収提案を受けたと発表。25日のウィリアム・ヒル株は、買収合戦の思惑から312ペンス超まで値上がりしていた。

28日のウィリアム・ヒル株は275.2ペンスまで下落。アポロが対抗買収案を提示しても、提示額は当初の予想を大幅に下回るとの見方が浮上しているとみられる。

シーザーズのトム・リーグ最高経営責任者(CEO)は「両社のカジノ施設、スポーツ賭博、オンライン賭博事業を米国で統合するというのは、実に素晴らしい構想だ。ウィリアム・ヒルのスポーツ賭博分野の専門知識でシーザーズの既存のサービスを補強できる」と表明した。

シーザーズはウィリアム・ヒルと米国で合弁事業を展開している。シーザーズの同事業への出資比率は20%だが、事業はシーザーズのブランド名で展開している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up