April 20, 2018 / 4:56 PM / 3 months ago

米FRB、向こう数年間は緩やかな利上げ継続=SF連銀総裁

[20日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁は20日、内外の力強い成長、財政刺激策、堅調な労働市場、賃金の伸びの改善、安定的なインフレを踏まえると、連邦準備理事会(FRB)が向こう数年間は緩やかな利上げを継続していくとの見方は「正しい予想」となると述べた。

一部投資家の間で懸念が出ているイールドカーブのフラット化については、FRBがバランスシートを縮小させ、連邦政府が国債発行を拡大させるなか、イールドカーブはスティープ化していく公算が高いと述べ、それほど懸念していないとの立場を示した。

また、FRBのバランスシートの「新たな」正常な水準は約3兆ドルとの見方を示した。

ウィリアムズ氏は6月にダドリー氏の後任としてニューヨーク連銀総裁に就任する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below