Reuters logo
8千年前の土器からワイン製造の痕跡、最古の記録を更新
2017年11月14日 / 07:40 / 5日後

8千年前の土器からワイン製造の痕跡、最古の記録を更新

[ワシントン 13日 ロイター] - ジョージアの首都トビリシから50キロ南方の遺跡2カ所で見つかった約8000年前の土器の破片に、ブドウを発酵させてワインを作った科学的痕跡があることが分かった。調査結果は、米国科学アカデミーの機関誌に掲載された。

 11月13日、ジョージアの首都トビリシから50キロ南方の遺跡2カ所で見つかった約8000年前の土器の破片に、ブドウを発酵させてワインを作った科学的痕跡があることが分かった。調査結果は、米国科学アカデミーの機関誌に掲載された。掲載写真(2017年 ロイター/ Judyta Olszewski)

これまで知られていた最古のワイン製造の痕跡は、東欧と西アジアの境界に当たるイランのザグロス山脈で発見された紀元前5400─5000年ごろの陶器から見つかっている。

今回の調査にあたり、科学者チームは土器が吸収したワイン成分の痕跡を生物化学的に分析。米ペンシルベニア大学の生物分子学者パトリック・マクガバン氏が、ユーラシア地域のブドウを醸造したことを示す酒石酸のほか、関連する3種の有機酸であるリンゴ酸、こはく酸、クエン酸を検出した。

土器が見つかったのは新石器時代の2つの集落。それぞれ60人前後が居住し、コムギ栽培や羊、ヤギ、ウシの飼育を行い、骨や黒曜石で作った簡単な道具を使用していたとみられている。

見つかった土器は灰色がかったもので、深さ80センチ、幅40センチ前後の大きさ。ブドウの房や踊る男性の素朴な画が描かれている。ワインの痕跡は8つの土器から検出され、最古のものは紀元前5980年ごろに遡るとみられている。

アルコール飲料としては、紀元前7000年ごろにコメ、はちみつ、果実を混ぜて発酵させていた痕跡が中国で見つかっている。 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below