March 30, 2018 / 4:11 AM / 5 months ago

ISが破壊した古代アッシリアの人面有翼雄牛像、米芸術家が再現

[ロンドン 28日 ロイター] - 過激派組織「イスラム国(IS)」に破壊された古代アッシリアの人面有翼雄牛「ラマス」像が、米芸術家の手によりリサイクル容器で再現され、英ロンドンのトラファルガー広場で28日公開された。2020年まで展示される。

 3月28日、過激派組織「イスラム国」に破壊された古代アッシリアの人面有翼雄牛「ラマス」像が、米芸術家の手によりリサイクル容器で再現され、英ロンドンのトラファルガー広場で公開された。(2018年 ロイター/Hannah McKay)

神獣を模したこの作品は、芸術家マイケル・ラコウィッツ氏がイラク製のデーツシロップ缶1万本で作成。広場の四隅にある台座の1つに展示された。台座は1841年に建立されたが、資金不足により、1999年まで何も乗せられていなかった。

オリジナルのラマス像は、古代アッシリア帝国の首都ニムルドの近郊にあるモスルで紀元前700年頃に建てられたもので、2015年にISにより破壊された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below