June 23, 2020 / 10:16 AM / 21 days ago

独当局、ワイヤーカードの前CEOを逮捕 収入を過大に見せ掛け

[フランクフルト 23日 ロイター] - ドイツの検察当局は独決済サービス企業ワイヤーカードのマークス・ブラウン前最高経営責任者(CEO)を会社の収入を過大に見せ掛けようとした疑いで逮捕した。

ワイヤーカードは22日、2019年の信託勘定から19億ユーロ(21億5000万ドル)が消えたと先週発表した件で、この現金が初めから存在しなかった可能性があると明らかにした。

ミュンヘンの検察当局者によると、ブラウン容疑者は22日夜に出頭した。23日に裁判所に出廷し、判事が保釈を認めるか判断する。ブラウン容疑者の弁護士のコメントは得られていない。

検察当局は同容疑者が「第3取得者」との取引による収入を偽ることで会社の資金を過大に見せ見せ掛け、市場を操作した疑いがあると明らかにした。 また別の関係筋によると、ミュンヘンの検察当局は22日にワイヤーカードの取締役を解任されたヤン・マルサレク氏の逮捕も検討している。同氏の弁護士のコメントは取れていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below