March 11, 2019 / 4:58 AM / 2 months ago

英メーガン妃、お腹の子に「フェミニストになって」

 3月8日、英ヘンリー王子の妻で今春に第1子を出産するメーガン妃(37、中央)が、国際女性デーのパネルディスカッションに出席し、子どもも王子と同じフェミニストになってほしいと話した。(2019年 ロイター/Daniel LEAL-OLIVAS)

[ロンドン 8日 ロイター] - 英ヘンリー王子の妻で今春に第1子を出産するメーガン妃(37)が8日、国際女性デーのパネルディスカッションに出席し、子どもも王子と同じフェミニストになってほしいと話した。

メーガン妃は、ロンドン大学キングス・カレッジで討論に参加。お腹の赤ちゃんについて聞かれ、「フェミニズムに関するネットフリックスのドキュメンタリー番組で、胎児がお腹を蹴るのもフェミニズムのように感じると言っていた。その考えが気に入った。生まれてくる子の性別がどうあれ、そうであってほしい」と述べた。

討論にはほかに英国出身の歌手アニー・レノックスさんやモデルのアジョワ・アボアーさん、オーストラリアのジュリア・ギラード元首相らが参加し、ジェンダー間の平等や女性問題について意見を交換した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below