July 1, 2019 / 4:31 AM / 20 days ago

サッカー=女子イングランド代表監督、米国のホテル偵察に憤り

 サッカーの女子イングランド代表を率いるフィル・ネビル監督(写真)が、W杯フランス大会の準決勝で対戦する米国代表のスタッフがイングランド代表選手の宿泊するホテルを偵察しにきたことに憤りをあらわにした。フランスのルアーブルで27日撮影(2019年 ロイター/Bernadett Szabo)

[リヨン(フランス) 30日 ロイター] - サッカーの女子イングランド代表を率いるフィル・ネビル監督が、ワールドカップ(W杯)フランス大会の準決勝で対戦する米国代表のスタッフがイングランド代表選手の宿泊するホテルを偵察しにきたことに憤りをあらわにした。

イングランドと米国は、7月2日の準決勝で対戦する。サッカーのエチケットとしては、対戦する2チームは別々に滞在することが通常で、相手チームの滞在先にチームスタッフが入ることは非常にまれ。しかし米国チームのスタッフは30日、イングランド選手の練習中に同選手らの滞在するホテルを訪れていた。

ネビル監督は記者会見で、「唯一言えることは、私のチームには同じことをしてほしくないということ。イングランドはそのようなことはしない」と述べ、「われわれは自分たちのホテルで満足しているし、練習をしているだけ。彼らも彼らのホテルで満足していることを願うが、われわれは相手チームのホテルに人を送るなんてことはしない」と続けた。

米国側は訪問の理由を、勝ち上がった場合の滞在先の候補としてホテルを確認するのが目的だったとしている。ジル・エリス代表監督は記者会見で、試合の前から勝利を想定してイングランドの滞在していたホテルに移ることを計画するのは傲慢ではないかと聞かれると、「先のことを考えなければならない。私たちのスタッフは計画の準備をしているだけ。とても普通のことだと思う」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below